『メイドさんと最低の野郎ども』あいてむずかん


■グレイハウンド■
灰色の美しい輝きを放つ剣。
ロムランド王国が自国の騎士の為に製造した剣だが、
各国に輸出され傭兵の間でも広く流通している。
強度と重量のバランスが良く扱い易い。

■ルビーフォックス&ブルードラゴン■
魔法国家ラガとアルブ帝国が技術協力し開発した魔法剣。
ルビーフォックスは炎、ブルードラゴンは氷属性を持つ。
両国の騎士に多く支給されている。

■トリケラ■
新種の鉱石として発見されたフライズムは
摩擦が生じると反重力効果を放つ特殊な性質がある。
また魔法攻撃に対しても高い耐性を持っていた為、
各国はこぞってフライズム鉱石を研究した。
最初に魔法国家ラガが防具への転用に成功、
アルブ帝国と技術協力しフライズムメイルを完成させる。
しかし刀剣にフライズム鉱石を加工するのは難しく
ラガとアルブの技術者は半ば開発をあきらめていた。
(ハンマー状の武器は開発されたがあまり威力は高くなかった)
そんな中、軍事大国シェーダの属国に過ぎなかった
トリンカ共和国がショートソード・トリケラの開発に成功する。
裁断したフライズム鉱石を刀剣の芯として構成し、
独自の技術で極限まで刃を薄くしたこの剣は
振ると驚くほど軽く切れ味も申し分ないものであった。
トリンカ共和国はトリケラを量産し各国へと輸出、
莫大な利益を得たと言われている。
腕力のない者でも扱えるので女性の護身用にも好まれた。

■トールギス■
アルブ帝国が技術の粋を結集し作り上げた両刃の剣。
高い強度と威力を誇り雷属性を持つが高価。
上品な装飾が施されており儀礼用としても用いられる。

■ヤクトランザー■
シェーダ王フェンバルトはトリンカ共和国に資金援助をし、
トリケラをベースとした剛剣の開発を任せた。
シェーダの要求は厳しく開発は難航したが、
ヤクトランザーは世界最高水準の剣として完成した。
ほとんど輸出されずシェーダの兵士に多くが支給された。

■厳流(ガンリュウ)■
アルブのオサクギ将軍が愛用するこの刀剣は、
彼女の一族に代々伝わってきたものである。
一説では彼女の父親は異世界からやってきたらしく、
この刀も異世界で作られたものである可能性が高い。
ちなみにガンリュウとは佐々木小次郎の実名である。
何故ガンリュウと名付けられているかは不明だが、
その形状は佐々木小次郎の使っていた
大型の刀(野太刀、物干し竿)に似ている。


■アイアンモスキート■
一流の弓職人が集まるクレイアシティで製造されている弓。
量産する為に構造はシンプルだが威力も強度も申し分なく、
安価な割に性能は高い。傭兵達の間に広く流通している。

■アバランチドッグ■
極寒の地で採れるアイアス金属で作られた弓。
発射された矢は冷気を帯び、対象を瞬時に凍結させる。
アバランチとは『雪崩』という意味である。

■ファイアフライ■
アルブ帝国で開発された火属性を持つ特殊な弓。
初速を重視する事で近距離での命中精度を高め、
また二発の矢を連装できるようになっている。
その仕組みは弓というよりボウガンに近い。
熟練した者が扱えば接近されても隙を与えず反撃できる。

■フェンリアー■
クレイアシティで製造されている高性能な弓。
材質には特殊な合金が使われており、
その製造方法は職人たちの間で機密とされている。
アイアンモスキートに近い形状をしており、
わりと扱い易いと言われている。
フェンリア(フェンリル)とは北欧神話に登場した、
世界の終わりにオーディンを飲み込む狼の名。

■アキレウス■
クレイアシティで製造されている大型の弓。
扱いは難しいが威力は高く長射程を誇る。
また何故か矢は雷属性を持っている。
フェンリアーと同様、製造方法はシティの機密である。
アキレウスとは言わずと知れたトロイア戦争最大の英雄の名。


■ライトスタッフ■
非力な魔法使いでも扱える、軽くて扱い易い一般的な杖。
聖属性を秘めておりアンデッドには高い威力を発揮する。

■オールラウンダー■
魔法国家ラガで作られている特殊な杖。
この世界に存在するほぼ全属性の魔力を秘めており、
対象の弱点を自動的に感知しその効果を発動する。
しかしウィザードは基本的に接近戦は苦手なので、
この杖が活躍する機会はそう多くはないだろう。

■バーバヤガ■
魔女の使う不思議な杖。どこで作られたものか不明。
雷地闇の三種の属性を内在している。
特殊な軟膏が塗られており、
内股に挟んで擦ると幻覚効果があるらしい。

■ノースメガリス■
極寒の地で採れるアイアス金属で作られた杖。
やや重くて扱い辛いが氷属性を持ち威力も高い。

鎧・衣服
■レザークロース■
なめし皮で所々を補強した衣服。
れっきとした戦闘用の防具であり普通の服より重量もあるが
前衛クラスが装備するにはちょっと頼りない。

■チェインメイル■
鎖帷子と呼ばれる、金属のリングを編み合わせた鎧。
動き易く重量の割に防御力も高い。
様々なゲームに登場する極めて一般的な防具だが、
動くと音がするので隠密行動には向かない。

■ラメラーアーマー■
ラメラーとは金属の小片の事。
革の鎧に金属の小片を張り付けて防御性能を高めている。
若干の魔法防御力もあり、
この世界の傭兵の間では一般的な鎧のひとつ。

■ミスリルメイル■
ミスリル金属で作られた鎧。高い魔法防御力を誇るが
この世界のミスリル金属はさほど強度が無い上に加工が難しく、
物理的な防御力はチェインメイルよりも劣ってしまっている。
しかし戦士は一般的に魔法防御力が低いので 需要は高い。

■フライズムクロース&メイル■
フライズムクロースとは魔法国家ラガが開発した
フライズム鉱石の粉末を含有した衣服である。
理想の魔法防御性能はほぼ満たしたが、
粉末を封じ込めている為に通気性が悪いという欠点があった。
物理的な防御力は普通の衣服よりマシという程度である。
後にアルブ帝国との協力で開発されたフライズムメイルも
鉱石を含有する構造上どうしても内部に隙間ができてしまい、
物理的防御力を高めるのに苦心する事になった。
魔法に対する防御力は絶大でありほぼ全属性の威力を半減する。

■騎士のアンスコ■
女性騎士が鎧の下に着けているアンダースコート。
布地が丁寧に編み合わされており衝撃から柔肌を守る。
通気性の良い夏用と、保温効果のある冬用がある。
パンツじゃないから見られても恥ずかしくない。

■虎縞ビキニ■
高橋留美子の代表作に登場するヒロインの衣装。
雷属性に耐性を持つ。
当然ながら女性しか装備できない。


■炎のショーツ■
炎属性を持つ女性用の下着。
着けると身体の芯から熱くなり
秘められた魔力が身体全体を包み込む。
魔法と物理、両方の防御力を高める。

■戦士のヌーブラ■
肌に張り付く軟質のブラ。地属性に耐性を持つ。
通常のブラは薄着をすると線が目立つ上に、
水分を吸うと透けてしまうという欠点がある。
主に若い女性が夏場に着用するものだが、
この世界では胸部を守る優れた防具として発展した。

■はいてない。■
敢えて何も下着を付けない事により、
背水の陣の心理状態を作り出す。
またスカートをまくり上げ中身を見せる事で、
敵の心理的動揺を誘う事も可能だが、
相手が人間の男性に限るのは言うまでも無い。

■マンティスグローブ■
カマキリの形を模した籠手。地属性に耐性を持つ。
どこで作られたものなのか一切が不明であり、
異世界から流れてきたものと見られている。

■エリクサー■
伝説上の金薬(万能薬)と言われているが、
エリクサーを作ったと言われる医師パラケルススと
サンジェルマン伯爵は実在の人物とされている。
つまりエリクサーは実在するのだ。

■バウリング■
犬の言葉を翻訳する特殊なリング。
元ネタは勿論『バウリンガル』


スピーダッ